子どもの頃から、わが家がケーオーハウジングでした。2階に上がると職人さんがいる。そんな環境で育った私は、ごく自然に、『大人になったら、自分がみんなの家を建てるんだ』と思うようになりました。

 

 

 

 

 

ケーオーハウジングは、
自宅の2階寝室から始まりました。
そんな環境は子どもの頃の
私にとっては楽しい遊び場でした。
大きな製図版があり、業務用のデスクや、
電話が並ぶ光景は
私にとってのテーマパークでした。

画像

 

 

 

子どもの頃の夢は
大人になると変わるものですが
変わらずに今の私があるのは
両親(現会長、専務)のおかげです。
会社創業時からの苦難、苦労は相当の
ものだったと思います。
しかし、子供の頃の両親の姿は、
私に夢を抱かせ続けてくれた、
頼もしくかっこいいものでした。

画像

 

 

私が子どものころ過ごした住宅は、昔からの住宅を直し、増築してきた住宅でしたので、とにかく大きく、とても寒かったです。
長い廊下があり、夜トイレに行くときはかなり怖かったことを覚えています。私が小学校6年生に両親が住宅を新築し、新しい住宅に
入ったときの感動は今でも鮮明に覚えています。何もかもが今までと違う世界に、目をかがやかせていたことでしょう。

 

画像

画像

 

 

私がそうであったように、住宅ほど、
今までの生活を劇的に変化させ、
喜びを与えてくれるものは
ないと思います。
私ども住宅のつくり手は、
お客様の住宅を建てると同時に
そこに住まわれるお客様の生活が
豊かになり、いろいろな幸せの
エピソードがその住宅を中心に
生まれていくよう願って住まいを創造
しています。
住むためだけの住宅ではなく、
家族の笑顔を育み、
子どもの頃の私がそうだったように
夢を抱き、成長していく、
そのような住まいを
お客様に届けられるような
会社でありたいと思っております。

 画像

 

 

  

ページトップへ