マッハシステムの特徴は?

特徴その① -加湿器で湿度供給-

 エアコンの暖房で気になるのが 「乾燥」 ですよね?
「マッハシステム」は全熱交換型の第1種換気を採用しています。室温と水蒸気をクリーンにしてから再循環させます。顕熱型のように熱だけを交換して水蒸気を破棄するタイプの第3種換気のように乾燥した外気をそのまま取り込むタイプとは異なりますから、極端に室内が乾燥することはありませんが、それでも冬季には乾燥する場合があります。



「マッハシステム」では市販の加湿器を
お使いになることをお勧めしています。
各部屋ごとに加湿器を設置するなんて
大変ではないか・・・?
そんなお声いただきます。
その心配はありません。
「マッハシステム」は空調室から
各居室に加湿されます。
管理しやすい場所に加湿器を設置すれば、
薪ストーブの熱の循環と同じ仕組みで、
空調室から全館に湿度が循環してきます。
空調室付近の洗面所や廊下などに
設置して置くと水補給も楽ですよ☆

画像

 

 

 特徴その② -マッハシステムと相性抜群の設備-

ケーオーハウジングで人気の設備「薪ストーブ」が実は、マッハシステムと相性が抜群なんです!特に薪が容易に手に入るお客様(弊社では断トツリンゴ農家の方々)には経済的で多機能な薪ストーブをオススメしており、特に青森県の厳しい冬の寒さの中で火の温もりを感じながら生活したい方には超オススメなんです。

 

なぜ相性がいいかというと、
 薪ストーブの熱で空調室から各部屋に
循環分配させるので、床下も含めて
家全体が暖まります。
部屋中の温度を感知し、
設定された温度以上になると
空調室のエアコンが消えます。
薪ストーブの火が消えて、温度が下がって
くるとエアコンが感知し、
再びスイッチが入ります。
このことで、薪を処分する手間も
省けますし、エアコンの使用量も短くなり
ランニングコストも抑えられちゃいます♪


画像

 

 

快適さの他にもたくさんのメリット

マッハシステムは、単に快適な空調設備として優れているわけではありません。一般的な冷暖房設備には無い様々なメリットがあるんです。

 

◆お家の空気はいつもきれいに

一般的に空気を入れ替えたいとなると、窓を開けて風を取り入れることで、室内のホコリが増えたり一緒に花粉などが大量に入ってきます。
マッハシステムの外部から空気を取り込む外部導入部には、フィルターが設置されているため、外気に含まれる有害物質や花粉、更に最近注目されているPM2.5やディーゼルの粉塵・砂埃までもが室内に入るのを防ぎます。

 

◆確実な換気

家の中の空気が常に循環し、汚れた空気がよどまず、家じゅうで清浄な空気が確保。部屋の中を循環して戻ってきた空気と屋外からの新しい空気が混合されて各部屋に送られるため、部屋の隅々まで空気が行き渡ります。マッハシステムは本来あるべき換気を効率的に行っています。

 

◆環境良好な天井裏・床下で家が長持ち

マッハシステムは天井から床下まで、冬は22℃~ 夏は26℃程度の調温された清浄な空気がいつも流れており、人も建物も健康で長持ちさせます。木材は湿気から守られ、床下に埋設されている電気配線や水道管などの劣化も防ぐことができ、本当の100年住宅を実現しています。

 

◆シロアリ対策に効果的

 床下で特に注意が必要なシロアリですが、マッハシステムの構造は、床下に絶えず一定風速の空気が流れています。シロアリは空気の流れを嫌うので風を感じるとその場に居られなくなり床下に入ることがなくなります。薬剤を使わず、物理的にシロアリが入り込めない環境をつくり出します。

 

◆静かな室内環境

騒音を発するエアコンや送風機は空調室内に設置しています。各部屋には吹き出し口があるだけなので、室内は非常に静かで、大量の空気が送り届けられているにもかかわらず、風量をあまり感じないストレスフリーな室内環境です。

 

◆お掃除ラクラク簡単お手入れ

空調室には家の空気が通過して、ホコリ等を除去しているフィルターがついています。そのため家の中で発生したホコリ等は床に落ちる前に捕集されています。そのフィルターのホコリを掃除機で吸い取ったり、各部屋の排気口のフィルターの汚れを拭き取ったり。シンプルで簡単なのです!

 

◆ペットや赤ちゃん、高齢者に最適

真夏や真冬の外出時、室内に残したペットが気がかりということも!だけど窓の開けっぱなしだと防犯上に心配・・・というお悩みも解決。マッハシステムなら24時間365日全館空調のため、家に長時間いる赤ちゃんや高齢者、お留守番中のペットも快適に過ごすことが出来ます。

 

◆省エネ

24時間365日エアコンを稼働させていますが、少ないランニングコストで運行することが出来て、電気代の安さも魅力の一つです。夏場の蒸し暑い室内を冷やしたり、冬場の冷え切った室内を暖めたりする時に電力を多く使用しますが、一定な温度を保つためにはそれほど多くの電力は使いません。

 

◆接続可能性大なシステム

このシステムでは、エアコン(※建物の大きさによって台数は異なります)と熱交換器ユニットおよび小型の換気扇が存在するだけです。これらは寿命がきても容易に交換できます。エアコンも一般に売られている寒冷地用エアコンです。長く住み続けられる住宅だからこそ、新築当初に設置した暖房機器は時代遅れになりがちです。交換する際にも、マッハシステムでは熱源のエアコンを交換していただければ、その時代の最新の設備に生まれ変わります。もしかしたら、建築後10年でエアコンを交換すると、当初に比べ暖房能力が数倍になり、消費電力が格段に下がる可能性は十分になります。マッハシステムは長きにわたってお客様の快適な生活の一部となります。

 

 

家づくりcontents|新・空調「マッハシステム」

ページトップへ